スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの合同葬儀

愛していたペットが死んで、出来るだけ早く供養してあげた方がいいと思い、ペットの合同葬儀

を考えている人もいるかと思います。

でも、合同葬儀の場合は骨を拾うことができないという話もあるようです。

少し冷静になって、一晩ぐらいはペットと共に過ごすのはどうでしょう。

ドライアイスなどを使用すれば何とかなるのではないでしょうか。

最後の夜をペットとともに過ごし、ゆっくり別れを言ってから合同葬儀にするか、個別葬儀にするか

考えても遅くはないでしょう。
スポンサーサイト

ペット葬儀トラブル増加

  ペット葬儀のトラブルが増加している傾向にある。

 最近のペットブームを背景に、ペット霊園や火葬業者が急増しています。

 これに伴い、霊園の設置や料金をめぐるトラブルも増加する傾向に。

 ペット霊園やペットの火葬は、新しい業種ということもあって、法的規制がないことが大きな原因になっているようです。

 その一方、ペットに対する考え方は個人個人で違うわけで、それがまた複雑な問題を作り出してもいるようです。

 人の墓地や火葬施設の開設は、墓地埋葬法で規制されています。

 しかし、ペット霊園を規制する法律はないのが現実です。

 このため、住宅街などへの霊園設置をめぐり、住民とのトラブルが頻発しているのです。

 そこで、条例などで規制する自治体が徐々に増え始めています。

ペットロス? ゆがんだ動機に波紋が

「昔、保健所にペットを殺され腹が立った」。

 元厚生事務次官ら連続殺傷事件は、不可解な動機に、皆が首をかしげている状態ですが、この事件への関与を認めている小泉毅容疑者(46)は、犯行動機を、幼い頃飼っていたいたペットが、保健所で処分されたことを恨んで、復讐のために今度の事件を起こした、と言っています。

 幼少時代の悲しい記憶が、長い年月を経て、なぜ凶悪な殺意へと飛躍したのか。

 あまりにも不可解な動機に「こじつけとしか思えない」と憤る動物愛護団体。

 「処分したくてしているのではない」と保健所側も困惑しているようです。 

「回復期」及び「整理期」

 悲しみのプロセス 回復期および整理期

 悲痛期が過ぎると、次に回復期および整理期を迎えるわけですが、普通、それぞれの段階をひとつづつ踏んで、多くの人が3~6ヶ月で回復期になると言われています。

 しかし、もちろん、それは一人ずつ差があって、中には重症になって、1年あるいはそれ以上かかる人もいるそうです。

 ペットとの死別(生き別れもそうだが)で落ち込むことは自然なことで、かつ正常な反応なのです。
 決して、おかしなことではありません。

 動物を失った心は、抑うつ状態の中で気持ちを整理し、失った対象を断念し、放棄に至ろうと働いているのです。
 ですから、悲しみが襲いかかってきたら押し殺すことはせずに、思い切り何回でも泣いた方がいいのです。

 そして、回復期になると、徐々に、動物を失った事実とそれを取り巻く種々の関係を、冷静に受け止められるようになります。また、動物との別れを、現実のものとして受け入れることもできるようになります。

 さらに、ペットと過ごした楽しかった日々を思い起こすことが、少しずつ増えてきます。

 この時期に、他人から「亡くなったペットたちは、別の社会で楽しく暮らすのだから」と言われたり、自分自身でそう思うことで、気持ちが軽くなったり、亡くなった動物あてに、自分の気持ちを手紙に書いてお墓に供えたり、同様の経験のある人に、気持ちを聞いてもらうことで、救われる思いになることも多いと言われています。

 


悲しみのプロセス 悲痛期

        悲しみのプロセス 悲痛期


 ペットの死後2~3日から1~2週間の、衝撃期を過ぎると、いよいよ本格的な悲しみの状態になる、「悲痛期」といわれる期間になってきます。

 動物の死んだことを、やっと現実として受け入れられるようになる時期です。しかし、彼らの死を受け入れようとすればするほど、また、悲しみや孤独感、死んだ動物たちのことを思う気持ちが強くなってしまう時期でもあります。

 死別前後のペットの様子を、何度も何度も繰り返して思い出し、「あの時もっとああしてあげればよかった」とか、「なぜ、こうしてしまったのだろう」というような、後悔の念や罪悪感にさいなまれたりするのもこの時期です。

 頭では動物たちの死を理解しているのですが、ふと帰ってくるような気がしたり、ペットがそばにいるような錯覚に陥ったりすることも、ままあります。そして、それが、現実ではないことに気がついて、さらに落ち込んだりします。

 また、この時期に、周囲から配慮のない発言、たとえば、「たかが動物じゃない、、」とか「また次のを飼えばいい」などの言葉を聞くと、すでにペットロス状態の人は、さらに苦しむことになってしまいます。

 この時期に気をつけなければいけないのは、「たかが動物」のような言葉を聞いた人が、自分でも、皆が言うように「たかが動物のことで落ち込む自分がおかしいんだ」と自分の気持ちを抑え込んでしまうことです。
 悲しむべき時に、自ら悲しみを抑圧してしまうと、かえってペットロスの状態が長引き、何年も続いてしまうこともあるのです。

カテゴリー
最近の記事
プライバシーポリシー
当サイトのプライバシーポリシーはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。